ワンセグチューナーやDVDプレイヤーなど,後付のオーディオは,必ずリモコンが付属しています。リモコンからの赤外線受光部も都合の良い位置に取り付けられるようになっており便利がよいようなのですが,これが意外と不便です。リモコンごとに電池が必要な上,受光部に向けて操作しなければならず,何よりリモコン自体が邪魔です。市販の学習リモコンにまとめることも可能ですが,単にリモコンの数が減るだけです。ステアリングスイッチは,その点良いと思うのですが,前期VOXYには設定がありません。

 そこで,見つけたのがロータリーコマンダーと学習リモコンALCONです。ARPHARDDIYさんのHPでセットで販売していました。これなら,場所もとらず,操作性もアップした上に,複数のリモコンがまとめられます。

 まずは,ロータリーコマンダーの取り付けですが,ロータリーコマンダーには,ゴム製の粘着基台が付属しています。(本体取り付け部は金属です。)ゴムを切って取り付け部だけにしようかとも考えたのですが,VOXYのコラムカバーは微妙に曲面なのでゴムシートがある方がよいと判断しました。取り付け方向は,本来の正面より90度回転させました。これは,チルトステアリングのレバーが干渉して,ロータリーコマンダーのボタンスイッチが押せないからです。作業としては,コラムカバーをロータリーコマンダーからALCONへのミニジャック接続のため取り外して穴を開け,ゴム製の基台をドライヤーで温めてからコラムカバーに貼り付け,最後に本体を取り付けました。

 次にALCONの接続ですが,これは分岐タップでACC電源が来ている線とアース線との接続です。分岐タップはエーモンの白色のものを使用しました。(赤では線が細すぎて通電しませんでした。)その後,各機器のリモコンを使っての学習作業ですが,マニュアル通りで簡単でした。(ビープ音はそれほど大きくありませんので,エンジンをかけると分かりにくいかもしれません。)

 最後に,ALCONからの発光部(赤外線LED)と各機器のリモコン受光部の移動ですが,天井やマップランプからの発光なども考えましたが,一番簡単なのは,センターテーブルからだと思い,配線隠しのアルミパンチングシートに取り付けることにしました。穴の拡大はいとも簡単でした。赤外線LEDに5mmLED用のロックマウントを取り付けようと試みましたが,LEDの根元が熱収縮チューブで覆われており,残念ながらロックマウントの枠だけを両面テープで貼り付けました。受光部はアンダートレー下に集めて移動させ完成しました。